検査は定期的に

今、食生活の変化や仕事によるストレスなどでガンになる方がとても増えています。
特に以前の日本では胃がんの患者さんがとても多かったのですが、現在では大腸がんや乳がんになられる方が増えています。
これは食生活の欧米化などと密接に結びついているようです。
でもガンは以前のように治らない病気ではなくなっています。
さまざまな治療法が発見されて早期の状態でガンを見つけることができれば手術や治療でガンを治すことができるのです。
そのために必要なのが大腸の内視鏡検査です。
大腸の内視鏡検査では大腸内のポリープを見逃しません。
しかも、もしポリープが見つかった場合には器具でそのまま切除することもできるのです。
事前に下剤を飲むなどの準備は必要ですが手軽に受けられる検査です。
内視鏡検査で早期発見ができればがんを大きくすることなく治療をすることができるのです。
がんの治療には抗がん剤や化学治療、手術などさまざまなものがあります。
早期発見が何よりの治療です。

検査を受ける

日々の生活をしているとどうしても健康には関心を持たなくなってしまいます。
しかし、病気は見つからなければ良いってものではなく、見ない間に病気が悪化をしてしまいます。
特に最近では大腸や小腸などの腫瘍が増えており、これらをチェック出来る内視鏡の開発も進んでいます。
昔はこれらの内視鏡は調べる人への負担が多かったのですが、近年の技術の発展により負担が軽減をされている事もあります。
内視鏡による手術などが増えていて見つけさえすれば簡単に治る物もあります。
この病気を早期発見・早期治療をする事によって病気は簡単に治ります。
特に早く見つけるのが重要でこの点からも内視鏡などの人間ドッグへの検診を推奨されています。
家族が居る人は自分だけの体ではありません、家庭があり子供あり・その時に生活に困らない為に自分の健康を維持をするのが大事です。
この時に最新技術の恩恵を受けられるのが日本ですし、これからもっと内視鏡の技術は進んで行くものだと思います。

胃腸内科・消化器内科・総合内科・循環器内科・呼吸器内科・漢方内科・アレルギー内科の診療ができます。 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックのフェイスブックページ、日々記事を投稿中です! 大病院にはない温かいおもてなしと、安心で上質な医療を提供することが、お客様へのメッセージになります。 女性にやさしく安心の便秘外来、ピロリ菌外来、漢方外来の診療も行っておりご好評いただいております。 大腸内視鏡検査ならたまプラーザ南口胃腸内科クリニックへお越しください。